口が悪くても私はあなたが好き

日課になっているブログ巡りの途中で、「あらら」と思うことに遭遇。

母親が自分の前で、自分以外のコを褒めちぎるのがムカツクというもの。





そのブログを書いてる女の子は、誰かに怒っていることが多いかな。

ブログの中で、しょっちゅうドッカンドッカン爆発してる。

何も知らない人がたまたまそのブログを読んだら、どういう人なんだ?と思うかもしれない。




でもブログって面白い。

人の書く文章って、本当に不思議だ。

同じ日本語なのに文字だけなのに、なんとなく人柄を感じてしまう。

1回読んだくらいでは感じない体温とか匂いとか、感じてしまう。

その自称口が悪い女の子のブログは、毎日読みに行くわけじゃないんだけど、気付いたら1年半位読んでる。
(口が悪いというのは、ご本人がブログの中で自己分析してる)

ゆる~く読んでいるのです。

多分、ガチで毎日読んでいたら気持ち悪がられるでしょう。(笑)




で、そのコのこと結構好きです。

しょっちゅう怒って泣いてるコなんだけど、可愛くて好きです。






最初に戻るけど、子どもを褒めるって難しいのです。

私の子どもは19歳、自分の子どものことはなかなか褒められないな。

こんなことがありました。

幼稚園に入って最初の懇談会、担任の先生からのお題。






自己紹介でひとこと、我が子のいいところを挙げてくれとな!





そんなの無理!





当然我が子は、世界でいちばん可愛いし大好き!


いや、宇宙一でもいいかもしれない!


でもなんでだろう、いいところを挙げたり褒めたり、難しい。

今、これを書きながらいまだに考えてるんだけど、難しい。

他人の子を褒めるのはとても簡単。

自分の子はねぇ、なんででしょう。





多分ココが、ソコがではないからなんだろうな。

存在まるごと特別だし、どう考えたっていい子でしょう。

改めて褒めろと言われてもそんなの無理!

だから声を大にして言いたい。




我が子を褒めるのはとても難しい。


でも他人の子を褒めるのは、メチャメチャ簡単!




大丈夫、あなたがお母さんの子だというだけで勝ってるから。

どこも負けてないから。

あなたはそのままでいいんだよ。

それに病気の受け止め方は、当事者と家族では時差があるから。

家族は少しだけ遅れてやってくるから。

しんどいだろうけど。




あぁ、気色悪いオババからのラブレターができてしまった。