闘病トークちゃんねる


おはようございます。

今朝はこのブログを更新したら、一旦寝ます。

一カ月くらい前に知った闘病トークちゃんねるのツイキャス見てました。



toubyou.com




メインの配信を夜の9時から聞き、その後のオフレコ配信にもずーっと付き合っていたら、小鳥のさえずりが聞こえる時間になっていた。(笑)

配信に付き合っていたらなんて書いたけど、好きでずっと聞いていただけです。

話している人も、聞いている人も何かしらの病気で闘病中の人ばかり、あるある話で盛り上がりとても楽しかったです。

難病や障害と関わりたくないと言ってても、やっぱり気になるし、どうしても仲間だと思ってしまう。




傷を舐め合うなんて言葉があるけれど、必要があるんならいくらでも舐め合えばいいと思う。

それ分かるー(^^♪、なんて言ってくれる相手をなかなか見つけられないんだから、出会えたなら時にはね。

一般的にはネガティブな使われ方をする言葉だけど、難病患者には必要です。


傷は舐め合え、たまにはな!



そんなわかるーというやり取りができるのも魅力だけれど、こういう病気があります!こんなことで困ってます!この病気の患者はこんなこと考えてます!と、そういった生の声を配信することにとっても意味があるなと思います。

ツイキャスでの配信は週末(何曜日かは決まっていない)の夜9時から。

後から配信の内容がYou Tubeにアップされます。

闘病ブログというスタイルもいいものだけど、生の声というのもいいです。

このスタイルを考えたのは難病当事者の若者。

以前ブログに書いた闘病女子部もそうだけど、闘病中であっても若者は若者。



www.warasato.com


新しいことを考え出すし、病気を抱えてどうやって生きていこうかと、とても真剣に悩んで考えているんだなと刺激されました。

と、ここまで書いて体力限界。

寝そびれたため、夫のおにぎり弁当と水筒はバッチリ用意できたし、もう思い残すことはないので寝ることにしましょう。