全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

やれることあるっていいよな~コードブルー

もうすぐ始まるコードブルー3st season、とても楽しみ。

一昨日から?2st seasonの再放送が始まったから、一生懸命見てます。

1st seasonの時にも出てきていたけど、ちょろちょろ見ていない会もあったから、よくわからなかった冴島はるかの元恋人。

希望がない病気のように見えたんだけど、よくわからなかった。

多分、どんな病気か分る回はあったんだろうけど、多分見逃したらしい。





それが今日の再放送でまた出てきていた。

手術を嫌がる若い女の子に、「やれることがあるっていいよな。」と言うシーン。

(セリフ違うかもしれないけど)




やれることあるっていいよな


やれることあるっていいよな


やれることあるっていいよな



なんだか心にキューっと効いた。

これでダメならあの方法、それも効果なければ次の手段。

(普通の病気は治療するからね。)

そんな病気に嫉妬したりすることがある。

誰にも言わないけど。



わたしゃ何を頑張るの?



でも治療法がないことで安心してる自分もいる。

治療が辛かったり、手術が怖かったり、戦っている人はいっぱいいるんだよなと。

私は辛い治療に立ち向かう必要ないから、気が楽か。

きっと私にちょうどいいんだろうな。



さっき何を頑張るの? というセリフを聞いて、シンパシーを感じてしまった私は検索した。

冴島はるかの恋人の病気はALS。

ハー、と声に出して言ってしまったよ。

ドラマだから、見た感じALS感は全くなかったけど、「何を頑張るの?」の言葉には深く共感したよね。




まあ深刻に考えると、何を頑張るの?という難病だけども、私もね。

確かにそうだけど、人が生きてく上で大事なのは健康ではないから。

生きた時間の長さでもないから。


今日、何を頑張ったか?それは大事だ!


こんな内容を書いといて、こんな文章でまとめるのもエーッて感じですが、今夜の家族の晩ご飯。


家族のご飯を頑張って作ること、それが私の頑張るってことじゃないでしょうか。


チャンチャン(^^♪