全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

眼科受診

先週は、ずっと気になっていた眼科を受診してきました。

脊髄小脳変性症が判る2年ほど前から、眼科には頻繁にかかっていたことを思い出します。

メガネを作っても作っても、すぐに合わなくなる。

作った直後にはバチッと見えていたバスの行先表示が、あっという間にボヤケ出す。

え?まだ半年も経ってないのに・・・と。

作っても作ってもといっても、実際には短期間で2回作りなおしただけで、諦めた!

だってどうせすぐに合わなくなるもん、と。

実際、合わなくなった。




そうこうしてるうちに、複視が出始めていよいよ不安になる。

モノが二重に見えるって、これ老眼?違うだろうな、また眼科行くかと。

それで検査した結果、視神経が委縮している、緑内障だと。

その時はまだ自分が脊髄小脳変性症だなんて知らないから、緑内障という言葉に大きなショックを受けたものです。

それから3カ月ほどして、神経内科で脊髄小脳変性症の診断を受けました。

眼科の方は緑内障と言われてから、視野の検査を2回受けました。

今思うとあれは何だったんだろう?2回とも視野に問題なし。




どうしようもないほどの尻切れトンボですが、疲れてしまったので、続きはまた明日にでも書きます。

申し訳ないです。

暑くて疲れました。