全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

心の痛み

一体何日、ブログを更新していないんだろう?

この一週間、毎日いろんなことが起きて、心が大忙しです。




一番大きな出来事は、ある人が亡くなったこと。

最近はインスタグラムばかりやっていて、綺麗なお部屋系アカウント、家計管理アカウント、ファッションコーデアカウント、そしてそして闘病アカウント。

そんなところばかり覗いています。

実際にコメントのやりとりをするのは、当然といえば当然の闘病アカウント。

どうしてもね、がん患者さんが多いです。

しかもがんの人は、同病でもない私のことを相手にしてくれるんです。

ほんと、ありがたい。

あとは全身性エリテマトーデス、脊髄損傷、脳性まひの人も多いかな?

脊髄小脳変性症の人は滅多にいません。



そんな感じで知り合った女の子が、数日前に亡くなりました。

インスタグラムにはLIVE配信という機能がついていて、自分のスマホから映像と音声を生で流すことができます。

映像音声付のチャットみたいなもんです。

春頃からそのLIVE配信でよくお話していた女の子がね・・・

余命は週単位と宣告を受けたことを教えてくれて、4月のことだったのかな。

で、数日前のの夜中、日付が変わった頃も彼女とLIVEでお話をしました。

時間が遅かったので、一対一でのお話。

またねーと言って終わったのが深夜の1時過ぎ。

翌朝(とはいってもその日の朝)には意識が無くなり、目を覚ますことなく、数時間後に彼女は亡くなったとのこと。

インスタの彼女のページに、ご家族から報告の言葉がありました。




私は彼女の顔をスマホの画面越しに知ってる。声も知ってる。

でも彼女は私の顔も名前も声も知らない。

ネットだけの関係。

関係というほどのものでもないかも。



でもこのブログもそうだけど、闘病している者同士がネット上で出会った場合、話題はいきなりサビからです。


人と人が出会って、顔見知りになって挨拶をして少しづつお互いを知る、そこをすっ飛ばしていきなりサビ!

ついでにリアルな知り合いじゃないから、他の人には話せなかったホントの本心を話したりもできる。

本心より奥にある、ホントの本心だ。

まあ、昭和の時代にはなかった人との繋がり方だよな。

そんな形で繋がっていた人が亡くなって、しかも数時間前に「またね。」と言ったばかりだったのにと、なんともいえない気持ちになりました。

もう数日経ったけど、なんとも言えない気持ちは切り替えられない。

それと同時に、自分の中に芽生えた信仰の存在を再認識することにもなりました。

彼女の死を知らせるご家族の投稿の下にずらっと並ぶ追悼の言葉。

「ご冥福」という言葉になんとなく違和感を感じ、言葉の意味を調べて納得。

ああ、もう私は信仰を持ったんだな、神様を信じているんだなと。

彼女の死によって、自分が信仰を持つようになったことを確信しました。



もう過酷な治療も痛みもないんだね。

今までよく頑張ったよね。

ありがとう、安らかに!