全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

難病母さん、どうやったら元気がない日もご飯が作れるか?

こんにちは、今日の関東地方は朝は強風、日中は暑さでみなさん大変だったようです。

私は家の中に籠っていたので、よくわからず。

あ、でもさっき洗濯物を干すためベランダに出たら、強風の痕跡がありました。





今日は、難病母さんの家事のはなしです。

まだまだ料理はできるけど、決して余裕とは言えない現実。

昼間の時間配分、体力配分(笑)がうまくいった場合、一般的な家庭の食卓のような晩ご飯になることもあります。

そんな素敵なことは、週に1回程度かなと。

あとは、なんだこれ?といような晩ご飯が多いかと思います。

具体的には品数の少なさ。

白いご飯は大抵の場合、炊くことができる!(これ自慢です)

お味噌汁、これは週に3回程度でしょうか。

おかず!全力で作って一品ということも多い・・・




なんでこんなことになるのか?

大体私の朝は早いのです。

5時前に起きて、夫におにぎりや水筒を用意して持たせます。

その後、子ども達のお弁当を作って見送って、洗濯をして、休憩をして・・・

ひたすら家事と休憩のエンドレス。

その合間に、お昼寝も挟んだりするしね。

そんな一日を過ごした後の夕方以降の体力は、ほぼカラの状態ですわ。

気力も同じく・・・

そこから何が作れるか?

必要なものは、気力、体力、食材だけ。

気力と体力に問題があるんだから、食材だけはしっかり準備しておかないとね。

もうどうにもなりません。

昨日はその無い無いずくしで、ちょっとおかしなものを作ってしまいましたし。



豚肉はあるが、牛肉は無い。


ハヤシのルーはあるが、カレーのルーは無い。



そこで作りましたけどね、豚肉オンリーのハヤシライス!



何も言わずに出したら、誰も気付かなかったけど・・・




昨日は、それでも家族全員の胃袋を満たすことができたけど、どうにも作る元気がなくて、困り果てることが多いので、ちょっと考えてみました。

作戦というか、誰でも思いつくというか、今更かよという程度のものなんですが。

困った時のお助け食材を常備しておこうじゃないかと思いました。

で、ちょっとリストを作ってみました。

ここに書くだけじゃなく、紙に書き出し買い物をする時の参考にしようかと。



☆ カレールウ 

☆ ハヤシルウ

☆ クリームシチュールウ

☆ お好み焼き粉

☆ スパゲッティ

☆ 冷凍うどん

☆ 食パン



まずはこれ位でやってみようと思います。

普段、我が家で登場回数の多い食材達です。

普段の買い物で、必要なものを買うので精一杯になってしまうので、ネットスーパーを使ったり、夫の休みを利用したりして、常に常備しておけるようにしていきます。