読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

たった一品でも用意があると本当に助かる、ご飯のはなしです

一昨日の夕方から熱が上がり、昨日の午後までダウンしていました。

先週息子が風邪をひいていたので、どうやらそれを貰ったようです。

症状の出方が、息子とおんなじで喉の痛みから熱。

息子はすぐに治ったけど、私はそもそも病人だった。(笑)

時間かかりそうな予感。

それにしても子どもから風邪を貰うなんて、何年振りでしょう。

懐かしい感じがします。



でも今は熱が出てもあの頃とは大違い。

子どもが小さかった頃は、どんなに熱が高くてもオムツ替えたしミルクも作った。で、飲ませた。

洗濯もやったよな。

あんなことよくできたと思う、偉かったよ私!

それが今じゃ、洗濯機まわして干してくれるし、ご飯も勝手に食べてくれる。

今回は熱が出た日の午後、日曜日だったんだけど大型のスーパーでいろいろ買い込み、マグロがたっぷりあったんだー。

勿論、安いんですよ、日曜日だし。

帰宅後、ちょっと熱っぽくなり始めていたけど、頑張って漬けにしました。

結構、量があったんだこれが。




その後急に寒気がきて、熱も上がり布団から出られなくなったのです。

でも今夜はマグロの漬けがあるもんねー。





しかも大量




もう寒すぎて水を触ることができなかったので、子どもにご飯を炊いてもらい、私は布団から出ませんでした。(笑)

子ども達と夫で漬け丼を食べてもらい、残りは翌朝の子どもの朝ごはんに。

本当は発熱する予定じゃなかったから、もう少しちゃんとしたおかずも用意したかった・・・


でも、たった一品でも晩ご飯を救うのね!


素敵な主婦の皆さんがやっている作り置き、私は一度に何品も作れないから意味が無いように思っていたけど、そんなことなかったですね。

たったの一品でも、充分だ。

少しでもいいから頑張ろ!