読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

買い物の方法

重い物が持てない。

この重いモノってどのくらいの重さなのか?

それは病気の進行によって変わってくるんだろうけど、今の私にとっての重いモノとは?

この病気のわりには、まだまだかなりの重さでもいけると思ってますが。




まず家の中。

家の中では家族に任せちゃうので、特に考えたことはないかな。

重いモノと向き合うことになるのが、買い物。それも毎回。

我が家の買い物は、まだまだ私がメインでやっています。

週に1度は生活クラブ、夫との買い出しも週1くらい。

あとは息子。

最近どんどん協力的になってきて有り難い。

息子には単品で頼むことが多いかな。

トイレットペーパー、牛乳、玉ねぎ、キャベツに白菜。

これらは、ほんとによく頼みます。

トイレットペーパーは、助かります。

あんなの買ったら、他にはなにも持てないので。



1人で買い物に行っても、結局持って帰れるかが重要なので、必要なものが買えないことも多いです。

こうなったら以前やっていたパルシステムも生活クラブと併用しちゃおうかと考えたんですが、私の住んでいる場所はそれぞれの配達が同じ曜日。

同じ日に、食材がたくさん届いても意味がないので、その方法はナシ。

あとは前から気になっていたネットスーパー。

そろそろ導入の時期かなと。

こないだ訪問看護で来てくれた看護師さんも言ってたし。

どんな話をしたかというと、家事の話、特にいかに楽に料理をするか。(笑)

体調のことや生活での困り事、質問形式で聞かれたら答えづらそう。

主婦同士の会話みたいな中で、ネットスーパーの話題が出て、ほんとに話題って感じで。

「こういうサービスはどうですか?」みたいな感じだと「うっ」となるけど、あんな感じだと素直に検討してみたくなる。

いい看護師さんに巡り合えて嬉しい。