全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

湯を沸かすほどの熱い愛

映画のおはなしです。

観に行きたいけど、行ってません。

行こう行こう思っているうちに、上映している映画館が横浜では1か所だけに。

黄金町のジャック&ベティだけのようです。



先日この映画のことをテレビでやっていました。

確か余命2ヶ月と言われた母親が、残された時間で何をするのかという内容だと思います。

実際にこの映画を観た人の感想は、感動したとかそういった類のものみたいですね。

自分があと2ヶ月で死ぬと言われたら?

普段の生活の中で、なかなか考えないことだし、実感はわかないよな。

だからそんな現実の中で、残された時間を懸命に生きる人にスゲーと思うんでしょうね。




でもね、私はイマイチ・・・

私は余命とかあまり関係のない病気です。

交通事故に遭ったりしなければ、おばあちゃんにはなれそうです。

けど、健康寿命でいったら、とっくに終わってる。(笑)



現時点で残っている機能も、徐々に失っていくから。

進行性って落ち着きません。

なんとなく想像ができるのは、来年の事まで。

1年後くらいなら、身体がどの程度動くのか想像がつくというか、予想できるので。

でも2年後や3年後のことはイメージできない。

何かやる時に、「そのうち」とか「いつか」なんて先送りにしていたら、きっとできない。

だからいつやるの?今でしょ!っていう生き方になります。(笑)

きっと常にそう思いながら生きていくんでしょうね。

何をするにも、これが最後だったとしても後悔のないように、そう思ってます。

結構疲れるんですよ、そんなこと考えながら生きるのは。

だって毎日いろんな覚悟をしてるから。

ただ健康な人より何倍も充実してるからいっか。





だから余命2ヶ月とは違うものだけど、それこそ一期一会の思いを持ちながら生きています。

そういう意味ではこの映画に特別なものは感じません。

でも、ちょっと観てみたいよね。