読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

一緒に戦う家族にしかわからないこと

先日「市川海老蔵にござりまする」を見ました。

その中で海老蔵さんが麻央さんの病状について話していました。

「3、4、5月月でダメだった。」とか「この夏は絶対無理だと思った。」と。

この言葉、私は酷いとか思わなかったんですが、なんだかもの凄い非難されてるみたいです。

頑張っている人に言う言葉じゃないとか、絶対治るって言うもんだとか。



家族にしか分からないんじゃないか。

私も病気が判った時、そういうことはありました。

これから私の病気の為に仕事を休んだり、ゆくゆくは介護が必要になっていくから、夫は会社や同僚に話したんですね。

妻が治療法のない難病になり、身体が動かなくなる、と。




そうしたら言われたそうです。

「何言ってんだ、世界中の医者が治らないと言ったって、お前だけは必ず治るって信じなくちゃ。」と。

「お前が治らないって諦めちゃ、奥さん可哀そうだ。」と。

あのぉ~、なにかドラマの見すぎなんじゃないですかね。

そういう信じれば叶う的な言葉って、やめていただきたい。

闘病記とかでありそうな話ですよね、家族が難しい病気になって沢山の病院をまわり、遂にはその病気を治せる医者を見つけたとか。

諦めなかったから治った!みたいなね。

そういうこともあるでしょうが、他人に言われたくない。

こういうことを言ってる自分に、酔ってはいないかい?と言いたい。

ほんとにテレビの見すぎ、アンビリーバボーとか好きなんだろね、そういう人。

だから絶対あきらめるなとか言うけど、ねえ。




なんでこんなにモヤモヤするのか?

いろんな気持ちは、戦っている家族にしかわからないってこと。

これを知っている人達は、ネットで海老蔵さん一家のことを批判したりしない。

だって戦ってるんだから。