夫の両親への申し訳なさと、不自由な身体を見られたくないプライド

今日も午前中から出掛けました。

9月から通っていた貧血の注射20回が終わり、採血をしたのでその結果を聞きに。

病院の前に郵便局に寄ったら、「ああ年末だな~」と感じる混雑ぶりだったので、きっと病院も凄いことになってるんだろうなと覚悟して入りました。

一歩入って後悔しました。

あと15分で午前の受付が終わるって時間なのに、椅子という椅子に患者さんが座ってる。

昔から通っている病院なので、待合室の混雑ぶりを見れば、ここから大体1時間以上はかかると簡単に予想できました。

今日は貧血の数値がどうなったか?それを聞くだけなので、そのために1時間。

・・・待ちたくない。




「年明けに来ます。」



そう言って帰ってきました。

先週までは感じなかったけど、クリスマスが終わり、今日から本格的に暮れなのね~。

郵便局でお年玉の準備をして、気が重くなる。

いよいよお正月だよ、今年はどうする?夫の実家。

もともと夫婦揃って、夫の実家とは仲がいいわけじゃない。

そもそも親に対して仲がいいとか良くないとか、そういう表現もおかしいのはわかっているけど。



でもほんとにどうしようか。

夫の両親は私の病気のことを知らない。

言いたくない、というか言えない。

そもそも言ったところで、どの位理解してもらえるか分からない。

普通の病気程度に思われるんだろうなと想像してます。

ま、それでいいんだけどね。



歩けなくなるかもとか、寝たきりになるかもとか、そんなこと理解されたらとても困ります。

私としては、理解されてもされなくても、夫の両親に対して申し訳なさでいっぱいなんです。

自分の息子の妻が難病、しかも身体が動かなくなる系になるなんて。

これから息子がどれほど苦労するのかと。

私が罪を犯したわけではないけれど、とんでもなく悪者なんだと感じる。

ただただ申し訳ないです。



去年は診断直後だったので、実家に行くとか行かないとか、考えることもできない状態でした。

結局は具合が悪いということで、私だけ留守番してました。

そして今年はどうしよう?

不自由な身体を絶対に見られたくないという思いもあります。

そして私は夫の両親にとっては、犯罪者も同然。(同病の方、すみません。今はそのようにしか思えません。)

その他にも実家の玄関の造りが、脊髄小脳変性症の患者には無理なので、行きようがないんだけど。

手摺もフェンスもない階段を結構降りるのよ、無理。

四つん這いって方法もあるけど、そんなの絶対したくない。

夫の両親や兄弟にそんな姿見られたくないし。

それとは別に行かない理由をどうしよう。

本当にどうしよう。

これは答えが出ない。