全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

懐かしのファミコンが来た、私はできないけどね

今日はもうひとつ、俗っぽい話題を。

今日は12月25日クリスマス、朝の9時過ぎにピンポ~ンとインターホンが鳴り、なにやら宅配便が来た模様。

私はシャワーから出たばっかりで素っ裸だったので、パジャマ姿の夫が対応しました。

何か頼んだものがあったかな~と考えましたが、ないよ!私は頼んでない。



「何だった?」と夫に聞くと、嬉しそうに「俺のだよ。」と。

なんとこんなものが届きました。




f:id:warasato:20161225180817j:plain


ファミコンじゃないかー!


なんでも、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」って言うらしい。


f:id:warasato:20161225181502j:plain


f:id:warasato:20161225181521j:plain


中身はこんなに小さい。

でも、でも、懐かしいあのファミコンです。

本体とコントローラしか入ってなかったので、あのカセットはどうするの?と疑問が。

どう説明していいかわからないけど、30種類のゲームが本体に入っているということです。



私が1面さえクリアできなかったスーパーマリオブラザーズや、え~マリオブラザーズってなものもあるけど、最初がマリオブラザーズなんですかね?

私が全くできなかったゲームはどっちなんでしょう。

後から出た方にスーパーがついたのか。


あとはドンキーコング、アイスクライマー、エキサイトバイク、パックマンなどなど。

どれもこれも私には面白くもなんともなかったゲーム達。

この小さなファミコン、多分私はやりません。

だって健康だった頃ですら、全然お話にならなかったんですよ。下手すぎて。

こんな不自由な手で出来るはずがないじゃないか。

私はやりませんがね、夫はかれこれ何時間ファミコンで遊んでるんだろう?

私が午後3時に帰宅した時には、マリオをやってました。

今はロックマンをやってます。(呆)