セルフネグレクトって、こういう経過を辿るんだろうな

ず~っと楽しくないことばかり考えています。

そして楽しくないことばかりブログに書いてしまう。

読んでいる人も、恐らく楽しくはないはずです。

でも申し訳ありません、楽しくないお話はもう少し続きそうです。




今日はこれから出掛けるので、お風呂に入ってきたわけです。

まあ、お風呂とはいってもシャワーです。

そこで先日の在リハでの「シャワーチェアはどうか?」のやりとりを思い出しました。

シャワーチェアって大きな椅子でしょ。

こないだホームセンターへ行った時、ついでに見てきました。

普通のお風呂用の椅子よりも安定感があるもの。

背もたれがついていたり、いなかったり。

でもね、デカイ、場所取る。

私はいらない。




こうやってなんでもかんでも拒否する気持ちはどこから来るのか?

考えてみると、ちゃんと理由があったりする。

もしもシャワーチェアを取り入れた場合、私の負担が増える、と私は思っている。

なぜか?

ただでさえ風呂場は滑りやすくて怖いのに、そこであんな大きな椅子を洗うのは至難の業!

そう、シャワーチェアを洗うのは私の仕事だと思ってる。

なんでか?

家族の家事能力が極端に低いからだ。

低いというより、やる気がない。

もっと言うと、家の中が不衛生でも気にならない。

毎日インスタント食品ばかりになっても、しょうがないと思っている。

規則正しい生活をしたいと思っていない。

なんか酷い家族に聞こえるけれど、本当の話です。



数年前から続く私の体調不良のせいで、ご飯がないことも部屋が散らかっていることも、何カ月もシャワーしか浴びない生活でも
平気になってしまったのです。

私が元気な頃は違ったのに・・・

ある日突然、主婦が主婦の仕事ができなくなった家庭は、家族みんなが焦るでしょうし、ガラッと変わる生活に不便を感じるでしょう。

だから食事はどうする、掃除はどうする、ゴミ捨てはどうする、などなど家族で対策を練るでしょう。

できるだけ今までと同じ生活をするために。



それが我が家の場合、少しずつ少しずつ主婦の仕事ができなくなっていったので、家族みんなで適応してしまった!

そんなわけで酷いもんです。

お~、こんなに怖い我が家の現状をこんなところに書いてしまった。



そうはいっても、家族は私のことが大好きだと思います。(笑)

それはそうです。

だから私ができなくなったことを、代わりにやってほしいと頼んだことで、解決したものもあります。

布団干しとか、ゴミ捨てとか、まだそんなレベルだけどさ。

でも変化なんだ、こんな小さなことであっても。

やってくれるようになったんだから。

これからこんなふうに、母さんにできないことが増えていくこと、理解して助けていってほしいんだよなと思っています。




しかし!とにかく家事能力が圧倒的に不足して、おまけに理想的な家庭生活を忘れた家族です。

私が動けなくなるまでに間に合うのか、とても不安です。

だから今の時点で、シャワーチェアなんてお風呂に入れても、どうせすぐにカビだらけになっちゃいます。

そうなるのは嫌なので、実際にはお風呂場に入れることなく、どこかに放置されるでしょう。

そして入浴が困難になった私は、外出の用事がなければシャワーさえ浴びなくなるでしょう。

そのうちシャワーを浴びることができないので、外出さえしなくなるんじゃないか?




ほら、セルフネグレクトのできあがりだよ。

これが他人の話だったら、解決の方向性は分かっているよな。

読んでいる人だって、簡単にわかるでしょう。

家族を巻き込みなさい。

いいえ、巻き込むんじゃなくて、きちんと病気と向き合おうじゃないの、家族全員で。

まずそこからじゃないの?

そう思うはずです。

私もそれが正しいんではないかと、思っています。

いや、正解だろっ!

じゃあなんとかしなさい、そうですよね、努力します。

でもね、頭では分かっていても、難しい。

自分が頑張ることで解決するならいくらでも頑張る。

けれど私のせいなのに、頑張ってくれとは言えない。

だって私がこんな病気になってしまったから、いけないんじゃんか。