衝撃の告白をします

病人扱いされるのが嫌だ






おいおい今頃何言ってるんだ?と思われそうですが、今頃思うようになったんだからしょうがない。

病名が判っても、自分の身体がどうなっていくのかを知っても、不思議と「こんな病気になりたくなかった」とは思いませんでした。

やっぱりおかしいのか?私。

多分ここまでの1年は家の中だけ、同病さんとの小さな交流、それだけだったから、一般的な病気と同じような感じだったのかもしれません。




それが急に介護や障害といった面から支えてもらう・・・なんと説明したらいいんだろう?

要は私に関わってくれる人たちが増えたということ。

その道のプロ達が私の生活に介入し始めたということ。

そしたら急に、全部白紙に戻したくなってしまいました。

介護なんていらないし、心配されたくない。

私はまだまだ元気です。

考えがまとまらなくて、気分はやっぱり海の底。





病人扱いは嫌!

そしてそして、家の中に手摺はもっと嫌!

私に手摺は必要ありませんからー!