読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

長時間立っているのが厳しくなってきた

休み休みじゃないと歩けなくなってきた

今日も疲れがとれません。

腰や背中が痛い。

昨日はせっかく行った病院で「予約」しかできなかったので、帰りに寄り道をしてしまったら、予想以上に疲れてしまった。

夏頃までは長時間歩けたし、疲れを感じるのは帰宅後。

ん~、外出中から疲れはしたけれど、今の疲れ方とは違う。

今は連続で歩き続けたり、立ち続けるのがきつくなってきました。

頑張ればできるけど、心の中で「どこかに座れるところはないか?」と、常に考えるようになってしまいました。

なんかね、足が疲れるのよ。




休憩させてくれ~



足が訴えかけてくる。

家に帰るまでがお出掛けなので、足の訴えを無視することはできず・・・

自力で帰らないといけないからね。

なんとか座れる場所を探します。

そうやって休み休みで、なんとかなっている状態です。


連続で歩くのがきつい


今までは最寄りの駅まで歩いていました。

だいたい20分くらい歩けば着きます。

病気になってからは疲れやすくなったので、バスにすればよかったんだけれど、トレーニングだと思えば丁度いい距離なので、ずっと歩いていました。

先週、夫と出掛けた時も、そのことを知っている夫が「歩くんでしょ?」と言うので、少し迷ったけれど歩くことにしました。

でもそれは大失敗でした。


連続で20分歩くのは、きつかった。

途中から駅に着いたらベンチに座る~とブツブツ言いながら歩きましたよ。

で、ホームに着いたらすぐ来る電車。

電車の中でも座れない。

結局目的地に着いてからも、座れる場所を探しまわり、ちょとちょこと休憩する私。

つい2~3か月前までは、休憩せずに歩き続けられたので自分でも驚いた。

とても驚いたと、後日夫も言っていました。

私の進行は結構ゆっくりだなと思っていたけれど、着実に進んでる。

こうやって長時間の移動が厳しくなっていくんだなと。

こうやって難病患者らしく、障害者らしくなっていくのね~