読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

複視って不便だな

料理!


私はまだまだ余裕なんですよ、多分・・・

菜箸が持ち辛いとか、ドレッシングの蓋が開けられないとか、マヨネーズのアルミを剥がせないとか。

ジップロックみたいな袋の口が開け辛い・・・

大体そんなものです。



あとは目が回って辛いから今日はご飯作れないとか、そんな程度です。

まだまだ作れます。

えぇ、きっと余裕です。


f:id:warasato:20161019141847j:plain


でも毎回イライラすることがあります。

お米を研いだ後、水を入れて丁度いい線のところに合わせるのが、とっても大変。

頭の角度によって、複視が酷くなったりマシになったりします。

私が見る炊飯器の中は目盛だらけです。(笑)

線がいっぱいでどれで合っているのか、よく分からない。



料理で困っているのは、それくらいかな。

他にもあるかもしれないけど、やっぱり複視と眼振には困ります。

でもこのまともには見えない目にも、随分慣れました。


「前しか見ない」って普通の人が言ったらカッコいいけど、私の場合は「前しか見れない」だもんな。(笑)

横とか向いても、景色が流れて何にも見えない。

道路渡るときとか、意外と困ります。

右見て左見て、もう一度右見て渡る。

そんなのできない。

右も左も見ないで渡る。

イチかバチかみたいなものです。

まあ、渡る前にぼんやりと前を見て、何となく視界の端に右の方とか左の方が見えるので、それを頼りに渡ってしまいます。

あと音、これも大事です。

だからプリウスが嫌いだ。

とはいっても交通量の多い道路ではやりません!

耳を澄ませば、車の音が聴こえる・・・そんな程度の場所なのでご安心を。