全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

夫への感謝を、私が何かで返すことはできない、もう対等とはいえない関係

こんにちは、毎日少しずつ肌寒さが増していきます。

このまま一直線に冬へ突入するのか?

それでもいいか、暑いよりマシだから。

対策のしようがあるもんね。



さて。このブログのことですが、病気ブログということである特徴があります。

それは1人の訪問者さんが、連続で沢山のページを読んでいかれるということ。

続けて30ページくらい読まれるっていうのは、毎日のこと。

そのくらいだと、日に3~5人ほどいます。

その他に100ページくらい読んでいく人が1人くらいかなと。

それが先週辺りからすんごい増え方をしています。

1人の訪問者さんがこのブログまるごと、一気に300ページ近くを読んでいかれます。

そういったことが何回もありました。

今は連日そんな感じです。



きっとそんな読み方をするのは、ご本人かご家族がこの病気だと診断された人なんだろうな、と思います。

診断されて何年も経てば、特に同病の人のブログを片っ端から読むという行為はしないと思います。

する人もいるかもしれないけど・・・

ブログひとつをまるごと読むっていうのは、診断されて日が浅いんだろうな・・・、とも。

いろいろな同病さんのブログを読んでいるんだと推測しますが、こっちも胸が痛いです。



今、このブログを読んでいるそんな人に言えることがあるとすれば・・・

中島みゆきの「時代」でも口ずさんでみて下さいっていうこと。

あ~、同病さん達に怒られるかもしれない

これはいくらなんでもいつか笑える時がくるようなことじゃないぞ、と思うかもしれませんが、多少変わっていきます。

さすがに笑って話すまでに至らない人もあるかもしれない。

病状はみんな違うから。

でも、少なくとも私は今、毎日ガハハと笑っています。

やることいっぱいだし、時間足りないし、体力も足りないけど、楽しい事いっぱいあるし。

ちょっと古いけど、リア充って奴です。

私が能天気なだけかもしれませんがね。




それと診断から10カ月が過ぎて、最近少しずつ思うようになったこと。

これも同病さんから怒られるかもしれないけど

もう、夫とは対等ではないな・・・という寂しい感情です。

この10か月、夫にはたくさんの負担をかけました。

休みはほとんど、家のことや私のことに使ってくれました。

私の希望はほぼ全部叶えてくれます。

こんなにもいろいろしてくれて・・・どうやったらお返しができるか。

あんまりできそうにないなと思っています。

とてもお互い様とはいきません。

ということは、夫婦だけど純粋には言えないよな。

もう対等じゃなくなった。

昨日、ハッキリそう思いました。

これはどうしたらいいのか、私にもわかりません!

皆様も一緒に頑張りましょう。

はい、以上!