読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

どんどん歩けなくなるから、週7で散歩してみる

気付いたら毎日・・・腰が痛い



ただでさえ長く立っているのが辛いのに、腰が痛くて辛い。

なんでだろうなんでだろうと思っていたけれど、なんとなく見当がついた。

超がつくほどの運動不足。




この2ヶ月で仕事に行ったのは、多分3回くらい。

距離的にはまだまだ1人で行くことのできる距離だし、天気さえ良ければ移動も問題ない。

でもできるのはここまで。

職場に到着することはできるけど、それ以上は難しい。

前にも書きましたが、私の仕事はスーパーのレジ。

ありがちな主婦のパートです。

ご存知だと思いますが、立ち仕事です!

職場に行くと、これが最後になるかもしれないと毎回思ってるもんだから、不思議なことに立っていられます。

2時間が限度ですが。

その上、超味噌っかす扱いをしてもらっているので、いわゆるピッピッはやりません。

私のレジは必ず2人制で、私はキャッシャーだけをやります。

それさえもう無理があります・・・お札数えたりできないので

今は退職の為の手続き待ちの状態です。

障害者手帳が交付されるのを待って、手続きをすることになっています。

(交付されなかったら、その時はその時だ!)

それまでの間、来れる日はおいでと上司や同僚が言ってくれていましたが、さすがにもう無理だと、行ってないわけです。




腰が痛くなった理由の話が、ここまで長くなってすみません。

こういう事情があって、私の外出がガクッと減りました。

おまけに9月は雨も多かった。

目が回る日が多くて、家の中でじっとしていることが多かった。

思い出しただけでもキャー!です。

ほとんど動いてません。

5分動けば疲れる→休む5分動く休む5分動く休む


こんな日々を2か月近く。

ちょこちょこ貧血の注射に通ったり、買い物に行ったりしてるつもりですが、仕事に比べたら圧倒的に運動量が足りない。

もう危機的状況です。

動かないから動きづらくなる。

悪循環です。怖いです。

なんとかしないといけないと焦っています。

今までは朝起きて、その日買い物に出掛けるかどうかを決め、その外出しかしませんでした。

そして何かの状況が変わって、予定通り買い物に行かれなくなると、自動的にその日は外に出ないということになります。

こうしていると、外出が週に3回とか2回とか、そういう寂しいことになってしまいます。

これを避けるためには方法はひとつ。



ただの散歩を日課にすること!



散歩の目的は散歩です、買い物を兼ねた散歩はしない。

とにかく散歩の為に散歩をする。

それで疲れ果てないように、距離は短めで。

歩いて15分の神社にお参りしてくる。

時間は午前中のうちに。

とにかく週7で外出することを目標にする。