あと30年は家族のご飯を作り続けたいという妄想・・・

今日もいつも通り5時に起きて、いつも通りのことを。

朝からホットケーキが食べたくなり、クックパッドでレシピを探す。

ホットケーキミックスが無いので、小麦粉で作ります。

小麦粉を量った後、小分けになっているベーキングパウダーを勢いよく入れる。

あら、色がちょっと変、濃いぞ・・・

ベーキングパウダーは白いはず。

慌てて空になった銀色の小分け袋を確認すると・・・





ドライイースト




なんてことを・・・

イーストの入ったホットケーキって、どうなるんだ?

このままでもいいかな、イーストとベーキングパウダー両方入れちゃって。

暫く考えた。




スプーンを使って、ドライイーストを救出。

救出といっても、再利用はできないけど。

イーストの粒は小さいくせに、重みがあるので全ては取りきれない。

それ以前に、私の目ではそんなによく見えないし。

大体取れたところで諦めて砂糖を投入。

後は普通に玉子と牛乳入れて焼きました。



f:id:warasato:20161010133930j:plain



また近いうちに触れますが、今はほとんど仕事に行ってません。

時間が増えたことで、レシピを見ながらの料理が増えました。

時間が増えたって、働いていた時間は大したことないんですが、週に3時間でも仕事に行くと疲労が凄くて・・・

回復に2日はかかります。(笑)

だから週に1回3時間働くと、その日を含めて3日間は使い物にならない、というおかしなことになります。

全く仕事に行かないことで、いつでも私のペースで家事(笑)ができるようになったという状況です。




仕事に行ってた頃は、とにかく身体がだるくてフラフラして、辛くてしょうがなくって・・・

でもほかにご飯作る人がいないので、必死に作っていました。

そうするとまともな献立なんて浮かんでこないし、とにかく最短で作って、さっさと寝たい・・・

ということで、大抵の場合、全ての材料を切ってフライパンで火を通す、そして塩コショウに醤油。

野菜炒めって言うのでしょうか・・・あれは。

それとシロメシ。(どこまでも投げやり)

そんなことが多かった。




それが今は違います。

勿論、体調によっては作れない日はある。

でも体調さえよければ、時間はあるからいろいろ作れる。

クックパッドもよくお世話になっているけど、最近気に入っているものがあります。

それはNHKのきょうの料理です。




結婚したばかりの頃は、きょうの料理のテキストを買っても、難しすぎて作れなかった。(悲)

料理なんてしたことなかった私には、書いてある事全てがレベル高すぎでした。

それが20年近く主婦をやってきたお蔭で、特に難しくも無いものになりました。

材料のほかに出てくる調味料、これはほぼ普通の家庭にあるものでOK。

オシャレな料理本なんて買ってしまうと、これ次に使うのいつよ?というような調味料がゴロゴロ登場する。

きょうの料理にはそれがない。

私の台所で充分、対応可能。

そして調理の手順もわりと簡単。

そして何より、作っているところがテレビで見られる。

これは凄い。

テレビではテキストに載ってない、ちょっとしたコツなどを聞くことができるので、より分かりやすい。

こんなにきょうの料理が凄いなんて、ず~っと知らなかったよ。



レシピを見ながら作るものを選んで、丁寧に作るようになった理由。

落ち着いて料理ができるようになったという理由の他に、いつまでどんな料理を家族に食べさせられるか、これが分からないという理由もあります。

既に、今までのスピードでは作れなくなってます。

例えば焼きそば。

いつもフライパンを2つ使い、マルちゃんの焼きそば6食分で作ります。

今までは麺の袋を開けるのも、ソースの袋を開けるのも、フライパンを火にかけたままでできました。

お肉や野菜を焦がすことなく、全ての作業がスムーズにできました。



ところが今はできないもんねー!


大体、菜箸が片手だけではちゃんと持てなかったりします。

使っているうちに2本の長さのバランスが悪くなってきたら、左手を使って持ち直します。

最初は悲しかった。

箸の持ち直しなんてしたことなかったし、意識したこともなかったから。

2本の端の長さが違ってきても、ちゃんと動く手なら片手で持ち直しができるはず。

しかも無意識で。

今となっては、健康な頃はどうやって箸を使っていたかが思い出せない。



こんな調子で、少しずづ料理はしにくくなっていくんだと思われます。

今は時間をかけることで、まだまだやれます。

今まで落ち着いて料理を作れなかったので、当分は家族が喜んでくれるものを丁寧に作っていきたいと思っています。

当分っていつまでだろ・・・

欲張りかもしれんが、あと30年作っていたい。(笑)