読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。神奈川在住の脊髄小脳変性症・多系統萎縮症患者及び家族のメーリングリストの窓口になっています。参加ご希望の方は当ブログのお問い合わせからご連絡ください。

夫に持たせるおにぎり

今朝は涼しかった。
朝6時の時点で25度、そりゃ涼しいはずだ。

今朝はなんとか5時に起きて、夫に持たせるおにぎりとサンドウィッチを作りました。


f:id:warasato:20160812104705j:plain

おにぎりと一緒に写っている、黒い円柱は水筒です。



毎朝5時15分から30分の間に、家を出る夫。

6時半には職場に着き、仕事を始めます。

そして一仕事終えた9時頃に、家から持参したおにぎりを食べます。

お昼は賄いがある日とない日があり、ない日には近所のお店で食べてるのかな?

この辺はよく分からないけど、なんとかしているようです。



本当なら、賄いのない日はお昼用のお弁当を作ってあげたいけれど、今の私には無理・・・

頑張って大体の家事をこなしている時点で、いっぱいいっぱい。

ついでに週2回とはいえ、私はまだ働いているので。



夫はお昼ごはんに1000円くらい使っているようですが、体力勝負の仕事でもあるので、多すぎるとは思っていません。

賄いのない日は週に2回、だからお昼代としては週2000円。

そんな2000円でも、お弁当さえ作れればゼロになるのに、と自分の体力の無さを責めてみる。

私にとって5時過ぎに出勤する夫に、お弁当を作ることは当たり前だったので、今の5時起き生活は特に大変と言う感じはありません。

だからもう少し早く起きて、お弁当まで作れたらいいのになと、未練たらたら。

今の私にはしょうがない事と、諦めたつもりなのに。



仕事を辞めたら、もう少し体力と時間に余裕ができるから、なんとかなるかなと・・・

あ~、しつこい。

料理は苦手だけれど、いつかできなくなる時がくるのが分かっているので、一回でも多く家族にご飯を作ってあげたいと思ってるんだ。

きっと、その未練なんだな。