全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

私の頭痛は、もはや天気予報並み

先程12時間の眠りから覚めたたところです。
12時間て、大人なんですがね。


昨日も仕事に行き、その帰り道の午後3時辺り、頭痛いな・・・と気付きました。
そこから自宅が近付くにつれ、どんどん増す痛み。
余りの痛さに、頭を右に左に折りたたむようにもたげながら家路に着きました。


その後は一体何時だったのか覚えていませんが、すぐに布団に入って寝てしまいました。
途中息子が帰ってきたり、夫が帰ってきたりしたようですが、そのままず~っと寝ていました。
そして目が覚めたのが先程、時計の針がグルリと回った午前5時過ぎ。


夫よごめん!
昨晩はご飯も用意せず、今朝もなにもできずにただ見送るだけ。
聞けば昨晩は、酷いなんてもんじゃなかったというほどの雨だったそうですね。
なるほど、あれだけ頭が痛かった理由が判りました。


判ったとはいえ、何もできなかったことが申し訳ない。
幸いなのか当たり前なのか、今は頭も痛くないしスッキリしている。
気持ちを切り替えて、今から子供たちの朝ごはんを準備しようと思います。