全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

私のサイフは薄くてスッキリ、こんなの使ってます

おはようございます。
いつもブログに書きたいことはいっぱいあるのに、いざ書こうと思うと全然進まない。
今日は私のお財布を紹介します。
ってそんな凄いものを使ってる訳じゃないですが。




f:id:warasato:20160614063318j:plain



横浜元町のキタムラのものです。
キタムラ公式オンラインショップ|横浜元町KITAMURAハンドバッグ



こんな感じで薄いタイプのものです。
色もなんだかハッキリしませんし。
でもこの薄さとシンプルさが気に入っています。
多分今も売ってると思います。


そもそも私のお財布は、もっと大きくて小銭もジャラジャラ入るものを使っていました。
お金もバサッと入るし出せるし、レシートだって3か月前のものも入れておける収納力。
家庭の主婦のお財布はそういうものだと思っていました。


食品売り場のレジ係という仕事柄、毎日たくさんのお客様とお財布を見ます。
レジではほとんどのお客様がお財布を手に持ってますので・・・
そうすると、いわゆるブタ財布を持っている人の多さにビックリします。


皆さんどれがどこのものだか分からないほどのポイントカードも持っています。
ポイントカードを探すのに手間取る人がとっても多いです。
もうほとんどトランプかい?というほどの枚数を持っています。


あとはレシートの多さ。
以前の私もそうだったけど、絶対去年のレシートも入ってるんだろうなというお財布にもよく遭遇します。
それに小銭。
これもそのまま24時間テレビの募金に行けるくらいの量を持ち歩いてる人も多いです。
すっごく重いだろうなと思うんですが・・・


そういうお財布を見かけることが基本的には多いんですが、たまに驚くほどうす~いお財布を目にすることもあります。
うす~いお財布を持ったお客様に共通するのは、レジでの動きがスマート。
もたつかない。
ポイントカードはすぐ出てくるし、現金やカードもスムーズに出てくる。
そしてさっといなくなる。


ただただ素敵です。
財布の中で探し物ということがないのです。
そういううす~いお財布の存在に気づいてから、どんな人が使っているのか注意するようになりました。
できるサラリーマンや、独身のカッコイイ女性が使っているのかと思ったら、たくさん買い込む主婦も使っていることに気付きました。


それからは日々、お財布ウォッチングです。
そしてどんどんうす~いお財布に惹かれていき、ある日我慢できずに買ってしまいました。
私にとってもオシャレの基準はどんだけシンプルか。
これだけです。
無駄がないこと。


私は目がよく見えないので、カバンを開いた時にすぐお財布を見つけられるように、明るい色を選びました。
ま、なんにも面白くないベージュです。
黒や濃い茶色系はもう無理です。
探すのに手間取ります。


そしてお財布が薄いのでもう3日前のレシートすら入っていません。
いつも帰宅したらその日のうちか、翌日には家計簿に記入します。
これは分かりやすいです。



ただ、少しだけ困ることが出てきました。
薄いのでお札の出し入れが、難しくなってきました。
もうしばらくは、今のお財布でいくけれど、いずれガバッと開いてサッとお金の出し入れができるものに変えるんだろうなと思います。
そうなっても、できる限り薄くてコンパクトなものを探します。