全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者ですが、できることはまだまだ沢山あるじゃないか!

当たり前に家事ができないよ

おはようございます。
このブログをいつも読んでくださって、ありがとうございます。

私のこんなブログにも、何度も訪問して下さる常連さんがいることに最近気付きました。
どんな人が読んでくれているのか、非常に気になるところです。
ブログランキングでは特定疾患のカテゴリーに参加しているので、同じく難病ブログを書いている方も多く訪問してくれているのかもしれないですね。


他の難病患者さんはどうなんでしょう。
特に子育て中の主婦の方、家事はどの位できているんでしょうか?
発症してどの位かとか、病気によっては家事以前に自分の身の回りの事ができないよ、そういう方もいるんでしょう。


私はできないこともあるけれど、できることの方がたくさんあります。
ありがたいことに。
ただ本当に疲れやすい。
ガックリくるくらいに、続けざまにあれもしてこれもして、ということはできないです。
正直に言っちゃいます。


あんまりご飯作れてません!



今流行っている常備菜、やってみたいが常備菜にならない。
なにしろきちんとしたご飯を作れていないので、私が何かを作れば喜んだ子ども達がすぐ食べてしまいます。
夫にはかれこれ3か月?4か月近く?お弁当らしい弁当は作れてないはず。
おにぎりは2月に入ってから、作れることが増えたけど弁当は難しい。


夫は朝が早いので、まあしょうがないとして、子ども達にも満足には弁当を用意してあげられてません。
作れることも当然ありますが、作れないことも当然ある。
でも今朝は息子におにぎりを作ってあげられた。
f:id:warasato:20160314093436j:plain

今は午前授業なのでお弁当はいらないけれど、なぜか帰ってくるのは夕方。
お昼にはラーメンを食べることが多いみたいなので、作れる日にはおにぎりを。
でも私がおにぎりを用意するのが珍しいので、置いて行ってしまいましたよ。
f:id:warasato:20160314093453j:plain

このおにぎり持って行ってねと言っておいたんだが、ウォークマンだけ持っていったらしい。
ご飯作ったり、お弁当作ったりが当たり前だったら、こんなことはないんだろうけどね。
しょうがないかっ。