メニエールのふらつきが治らない、何年もそう思い込んでいた

今日は闘病ブログでよく出てくる診断までのことを書きます。
どこからおかしくなったのか、思い出してみてもハッキリしません。
どれが脊髄小脳変性症の始まりだったのか、よくわからないのです。
メニエール病の人って結構いると思いますが、私もそうでした。
今になって思えば、本当にメニエールだったのかどうか怪しいもんですが。



始めて景色がグルグル回るめまいを経験したのは22歳くらいの時。
この時は自分も家族も含めて、めまいの知識は何もなかったので病院には行きませんでした。
めまいで病院に行くなんて、聞いたことがなかったので。
布団の中で目を閉じても、洗濯機の中でグルグル回っているような強烈なめまい。
ただただ治まるまでの数日間、寝て過ごすだけでした。
後で知った事ですが、両親は「気持ち悪い」を連発する私を妊娠してるんじゃないかと疑っていたそうです。



同じような強烈系めまいはその後も何度かやってきました。
次は30歳の頃。
次は38歳の時。
この38歳の時のめまいから、なんとなく体の不調が出てきました。
説明できないような、なんとなく調子が悪いといったものです。
そして39歳の時に、今度は今までで一番ひどいめまいを経験しました。
4日間くらい続く洗濯機高速回転レベルのめまい。
この時までにめまいの時は耳鼻科に行く、という知識はあったのですぐに救急病院に行きました。
睡眠どころではないだろうからと眠剤をもらい、グルグル回りながらうつらうつらするという4日間を過ごしました。
その時は一週間ほど仕事を休みました。
仕事に戻って数日でやっぱりめまいがひどくなり、また休むようになりました。
そこからは普通に立って歩けない日々が始まりました。
平衡感覚が無くなってしまったのか、ハイハイすらできなくなってしまいました。
日中はひとり家の中でじっとして過ごし、トイレだけはずり這いでなんとか行っていました。
夫の休みの日には耳鼻科に行ったり、神経内科に行ったり。
今思えば、なんでそこで入院にならなかったのか、今でも不思議です。
病院に恵まれなかったのかな・・・




その後、何件も回った後に行った耳鼻科でやっとメニエール病だと診断されて、あの不味くて有名なイソバイドを処方され、少しずつ良くなりました。
良くなったんです、少しずつ。
その間3カ月ほど休職し、歩けるようになり仕事にも復帰しました。
復帰できたんです。
で、具合も良くなったんです。
ところがその後も少しだけふらつきが残ってしまったんです。
本当に少しだけですが・・・
少しだけのふらつきが3年続きました。
そして今に至る、という話です。
あの3年前のめまいはなんだったんでしょう。
あの時は眼振もひどかったです。
今も眼振はありますが。
この4年間で3回のMRIを撮りました。
小脳がスカスカになっているのが判ったのは、3回目去年の12月のMRIでした。



途中何度もおかしいなと思いました。
耳鼻科でも先生に話しました。
暗くなると平衡感覚がほとんどなくなってとても危ない→誰だって夜は危ないよ
座るときにはどこかに掴まらないと座れない→誰でもそうですよ
立ち上がる時も捕まらないと立ち上がれない→ふつうのことです

これ3つとも通ってた耳鼻科で言われたこと。
今思えば、脊髄小脳変性症あるあるです。

でもMRIでも異常はなかったし、メニエールも良くなったと言われたし。
平衡感覚がおかしくなっちゃったのはしょうがないのかも・・・
なんて考えたりしました。
後はメニエールは誤診で、本当は前庭神経炎だったんじゃないかとかとか。
前庭神経炎ならふらつきが残ることもあるというので、ありえるなと思いました。
結局この数年、何度もいろいろな病院に行ったけれど、どこに行ってもハッキリしないよくならないということで、諦めてしまいました。
身体の不調の原因はわからないけど、絶対におかしいしきっと大変なことになってる。
でも今はまだハッキリする時期じゃないのかも・・・
そのうち分かるべ。
そう思って過ごしていました。




そして去年の12月、やっとふらつき以外の症状が出てきました。
手の違和感です。
距離を見誤る。
触ったつもりのところが触れない。
ずっと待ってたハッキリした異常。
やっと明らかな異常が見つかって、ホッとしました。
やっぱりメニエールではなかった。
どこかが完全におかしい。
本当にホッとしました。
そこからまた神経内科に行き、紹介状を書いてもらって今に至ります。
長かったです。
この病気は診断までみなさん回り道をするようです。



このブログを読んでくださっている方の中に、メニエールのふらつきが何年経っても治らない、
平衡感覚がおかしくなった。
靴下が立ったまま履けない、掴まらないと靴が履けない。
手すりに掴まらないと階段が降りれない。
そんな人はいませんか?
なにかおかしいと思っている人はいませんか。
そんな症状がある人は、神経内科を受診してみてください。
人間は動物です。
本来身に迫った危険を察知する能力があるはずです。
嫌な予感がする時は当たることも多いです。
身体の不調が気になっている人、怖いことですが勇気を出せるのは自分だけです。


そんな嫌な予感がしない場合は、是非めまいの体操を。


ビジュアル版 自分で治せる! めまい・ふらつき

ビジュアル版 自分で治せる! めまい・ふらつき

DVDでいちばんわかる! めまい・ふらつきは目・首・足の運動で治す

DVDでいちばんわかる! めまい・ふらつきは目・首・足の運動で治す

めまいは自分で治せるDVDブック (「奇跡のメソッド」DVD付き)

めまいは自分で治せるDVDブック (「奇跡のメソッド」DVD付き)