全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者です

食べたり泣いたり、笑ったり

なんだかただの闘病ブログになってしまっているので、


私が今はまりそうな食べもののことでも。


最近のお気に入りはインド・ネパール料理です。




f:id:warasato:20160114184636j:plain




実は今まで一度もナンを食べたことがありませんでした。


何で出来ているか分からないし、


一応粉でできているんだろうとは思っていましたが、


味は全く予想できませんでした。


むしろ、味なんてしないんじゃないの?くらいに考えていました。







ところが先日、夫と以前から気になっていたお店に入って食べたところ、






どストライク!





私は辛いモノ好きなので、まずはその本格的な辛さにやられました。


と言ってもお店の方に聞いてみたところ、本場の辛さはこんなものではないということでしたが。


そりゃ、当たり前だ。


基本的に辛いモノ好きさんは、お金を出して辛い物を食べる時、


全部食べ切れると、お金を無駄にした気がします。


火を噴く辛さで、汗と鼻水を垂らしながら悪戦苦闘している時、


この上ない幸福を感じます。


戦いに敗れ、対象物を泣く泣く残す時、


払った金額以上の価値を感じ、とてつもない喜びに包まれます。


ちょっとおかしいですが、そうなんです。




今回のカレーはそこまで辛くはありませんでしたが、


かなり満足できました。


だって汗と鼻水が出ましたから。






そして辛さ以外に初めて食べるナンの味に感動しました。


思っていたよりフワフワしていて、味もしっかりしていました。


ナンはお変わり自由だったので、おかわりしちゃいました。


自分でもびっくりです。


夫婦で食べまくって、お腹いっぱいになって大満足でした。


ここのところ病気の事で、あの人にこう言われたの、


この人はあんなことを言ったのと、一日中愚痴を言っている私ですが、


このカレーとナンを食べている間は、一切そんなことを思い出しませんでした。


美味しいものは凄いな~、人を幸せにする力があるんだな~と感動しちゃいました。


そんなことを考えながらの帰り道、これを仕事にしている料理人は素晴らしい!


となぜだか涙が出てしまったり、


泣いたり笑ったりたらふく食ったり、そうそう文句も言ったり、


感情の振れ幅が半端ない新米難病患者でした!



また明日!