マイナスな気持ち

f:id:warasato:20160105233927j:plain


あんまりブログにマイナスな気持ちは書きたくないんですが、

少しストレスを感じるようになりました。

病気の事は、必要最小限の人にしか話していません。

隠す事でもないという考えもあるし、病気の重さを考えると、

聞かされた人もしんどいだろうな、とも思います。

どうしたらいいのか、答えは出ないまま、

言う必要がある人には、ぽつぽつと話し始めました。





私の病気は、現代の医学ではしょうがないよ、うん、みたいなものです。

人に私の病気を話す時、ありのままに話すのはある種の暴力みたいなもんだと思います。

だって進行してい行き最終的なゴールは、体が動かなくなって話すこともできなくなる・・・

これを聞かされた方は、ふさわしい返事を見つけられないでしょう。

うん、無理無理!



だから「脳の病気が判った」くらいしか言えないんです。

そんなに何人もの人に話したわけじゃないけれど、人によって反応はいろいろです。

「しっかり検査した方がいいよ、で早く安心したいもんね」とか、

「体調どう?少しは良くなった?」とか

「早く良くなるといいね」とか

どんなに難しくても治る可能性があると、みんな思うものなんでしょうか。

そうかと思えば、病気の事にはなんにも触れずに、

何事も無かったかのように接してくれる人もいます。




全部悪意はないんです。

むしろ善意しかないはずです。

それは分かっています。

分かっています。

なんとも言えません。




有り難いことだと思うんですが・・・

なんとも言えない・・・

こういうの、ストレスっていうんだろうなと思います。


これはこの先ず~っと続くんでしょうか。




今の私は、同じ病気の友達が欲しい~!



心の叫びでした。