全力疾走と午前4時

脊髄小脳変性症の患者本人が書くブログです。

緑内障さん、私のところに来てくれてありがとう!

今日は天気に助けられて、いっぱい頑張れました。
昨日はフェイスブックで友人の病気の話に触れ、やや心が揺れました。
他の友人達のコメント、みんな親身になってありがたいことをいっぱい書いてくれていた。(私の病気の話じゃないんだが)
でもまあ、当たり前だけど、どうやって病気を治していくかをアドバイスしているコメントが多かったな。
みんなひとつ位は持病を持つお年頃ですから。
経験談がたくさん。


私はね~、緑内障は良くならないからな~。
現状維持も難しいんだろな~。
緑内障初心者なので、この先のことがわからないんだな~。
分からないけど、良くはならない。


でもね、私はこの病気をプレゼントされてよかったな~と本心から思っている。
子ども達がある程度育ってからだから、こんなこと言えるんだろうと思うけれど。
病気のお蔭で人生の残り時間を考えるようになったし。
残り時間はあと50年あるかもしれないし・・・
まあ、20年位でいいんですけど。
やっぱり20年じゃ足りない。
30年はください!


今の状態で目が見えるのはあと何年なのか?
本を読んだりするには、やっぱり今のうちだよね。
いろんなところに出掛けるのも、今のうち。
なんの変哲もないことが、とても有り難いことに思える。
だから些細なことに幸せを感じる。
治る病気じゃないけど、私は確実に幸せだ!
毎日毎日、朝から晩まで幸せを感じて暮らしている。
心がとっても健康的だ。


緑内障さん、私のところに来てくれてありがとう!